見どころガイドATTRACTIONS

見どころ満載! 会計事務所博覧会2017― 会計業界がひとつになる2日間 ―

電子政府で知られる「エストニア」で税理士に何が起きているのか!

IT化が進む国の姿として、日本の将来を考える上でも参考になる「エストニア」。
会社経営や電子政府に関する第一人者を招き、エストニアの最新事情や会計・税務業界の状況といった、現地の生の情報を紹介。
また、視察参加税理士らと会計事務所のビジネスの現状や推移をテーマとしたディスカッションにより、日本の会計事務所の将来像を考えていきます。

デジタル化する税務行政と税理士業務の近未来

AI(人工知能)やICT(情報通信技術)といった技術革新の急伸により、ビジネス環境が大きく変わりつつある中、税務行政においてもデジタル化による抜本的な改革が行われようとしています。
国税庁がさきごろ公表した概ね10年後の税務行政のイメージを見ると、AIやICTを活用した税務調査や税務相談など、近未来型の税務当局の姿が見えてきます。
そこで、こうした動きを踏まえ、税務行政のスマート化による税理士業務への影響をはじめ、税務手続きの簡素化・効率化によって、税理士業務の何がどう変わっていくのか、さらに、これからの税理士に求められることなどについて、ディスカッションします。

顧客拡大で時流に乗る気鋭の税理士が本音トーク

経営環境の変化を先取りし、新たな価値の提供で顧客拡大・収益アップを実現している若手税理士らのディスカッション。
会計事務所ビジネスの現場において、IT化の選択肢が増えるなかで、少なからず危機感を感じている税理士は少なくありません。
そこで、クラウド会計は本当に事務所経営を支える“万能で最適なアイテム”になり得るのだろうかなど、多くの税理士が抱く疑問にズバリ応えていきます。

女性戦力をどう活かす!―」 男性所長必見のディスカッション

会計業界においても前線で活躍する女性が目立つなか、今後の事務所発展の重要な要素である女性の働き方改革にスポットを当てた企画。
「女性会計人の活躍が導く!新しい事務所発展戦略」をテーマに、「今、何故?会計事務所の女性戦力化が叫ばれているのか」について、多角度から検証していきます。

FinTec(フィンテック)革命がもたらす会計業界への影響

6月に発表された政府の「未来投資戦略2017」では、FinTechに関する政策上の目標として、「クラウド化」と「自動化」が掲げられました。
キャッシュレス決済比率の引き上げやバックオフォス業務のクラウド化率も大きなポイントです。そうしたフィンテック技術革新の現状や今後の方向性、それにより、会計事務所の業務の「何がどう変わっていくのか」について、分かりやすく解説していきます。

今年もやります!第4回会計事務所決算品質大賞コンテスト

試験日時 10/19(木) 9:3011:30
成績発表・表彰式 同日 17:20~

架空の会社の決算書をいかに早く正確に作成するかを競うもので、税理士や職員が対象。
インターネットのメールに決算書を添付し、正確性とスピードから優勝者が決まる業界注目の催しを今年も開催。
現在、参加者募集中。