会計事務所博覧会2016のご報告

HOME > 会計事務所博覧会2016のご報告

「クラウドサービス"元年"会計事務所の新しい経営モデルを求めて」をテーマに、10月20日(木)、21日(金)に開催した第3回「会計事務所博覧会2016」。

今回も多数のご来場をいただき、昨年にも増して大盛況のうちに2日間の幕を下ろしました。北海道から沖縄まで、全国から多くの職業会計人の方々においでいただき、誠にありがとうございました。

とくに今年は、「クラウド会計、Fin tech、電子帳簿保存(スキャナ保存)、マイナンバー」などに代表されるIT関連の環境の変化に、税理士の役割や働き方を改めて考えるべき機会が来ています。また、「10年後の会計事務所の展望」も話題にあがっていますが、キーとなるのは今回の博覧会のメインテーマとして掲げた環境の変化に対応できる事務所ではないでしょうか。ご来場者の皆様には、このイベントを通じてヒントをつかんでいただけたことと確信しております。

なお、今回「事前相談予約システム」を試験的に導入しましたが、来場者との商談に役立てる施策を次年度以降も実施していくことにしています。

IT活用の最前線をお伝えした今回の博覧会の様子を、写真でご紹介いたします。


出展社ブース

今回はトータルで28社が出展。「昨年と比べブースの来場数、資料配布数、商談数が増えた」という感想のほか、「クラウド会計に対する興味が高いことが実感でき、社としての知名度アップにもつなげられた」という声も。また、ブースデザインの自由度を前回より高めたことで、イベント自体の華やかも増しました。

セミナー風景

今回は、「これからの国家IT戦略」「10年後も生き残るために取り組むべきポイント」「10年後を見据えたサービス『製販分離』経営とは」「民事信託ビジネス」「クラウドが変えていく会計業界の未来」など、それぞれのテーマの専門家に講師をお願いいたしました。おかげさまでほとんどのセミナーが定員いっぱいとなり、大型モニター前の特設視聴スペースでも多くの方に見ていただきました。

会計事務所決算品質大賞

全国の会計事務所が決算書作成の腕を競う、第3回「会計事務所決算品質大賞」コンテスト。今回は全国から36人がチャレンジ。その結果、黒川税理士事務所(東京・多摩市)の大賀理恵子さんが(写真・右)が日本一の栄冠を勝ち取りました。

「会計事務所博覧会2016」開催日程

お問い合わせ

TEL:03-6280-7109

kaikeihaku@zeikai.net

facebooktwitter

ページトップへ