集中セミナーSEMINAR

セミナーは無料、事前予約制です。定員100名、先着順となります。
※お申込みいただいた際の自動返信メールが入場券となりますので、印刷してお持ちください。

ミニセミナーは定員30名、ご予約は不要です。

※セミナー内容、講師は変更となる場合がございますので、ご了承ください。随時更新します。

 スケジュール

10月18日(木)

  時間 内容 講師
1 10:30~11:30
特別対談
消費税の軽減税率、電子インボイス制度に対応するための税理士業務
~ICTを活用した先進の事務所事例を大公開~

消費税導入から30有余年。いよいよ来年10月からは、消費税率の10%引き上げに伴い、軽減税率が導入されます。初の複数消費税率に対応しつつ2023年10月からは日本版インボイス制度も導入されます。
明細単位の仕訳が面倒で、制度自体も複雑で判りづらいといった声が挙がる中、軽減税率制度やインボイス制度への移行準備は、一朝一夕にできるものではありません。
軽減税率の対象範囲を正しく理解し、レシート等の証憑から仕入税額控除を着実に実施しようとするには相当の負担増が予想されますが、先進的な税理士事務所では、レシート等のOCR読み取りや仕訳入力の効率化に挑戦し始めています。
そこで、税理士の立場から、今から何をどう準備していけばいいのでしょうか。先進事例を題材に、今後の課題や対応策を探っていきます。

場所:セミナー会場

メインスピーカー
さくら中央税理士法人 代表税理士
安田 信彦 氏

特別ゲスト
富士通株式会社 マネージングコンサルタント
鹿島 一紀 氏


  時間 内容 -
   11:40~12:00
ミニセミナー 事務所と同じ作業環境が作れる「VPN」について
場所:ミニセミナー会場

※ミニセミナー後にAI読み取り実証実験を行います(10分)

  時間 内容 講師
2 13:10~14:10
パネルディスカッション
M&A新時代! 「会計人の新たな役割」

中小企業の事業承継・後継者不在の問題解決手段の一つであるM&A。最近ではインターネットを活用した新たなマッチングサービスも続々誕生し、その牽引役として全国の会計人がクローズアップされています。
インフラ構築が進む中、仲介会社、税理士、ITベンダー、それぞれの立場からのディスカッションにより、企業価値を高める税理士の仕事や求められるスタンスを考察します。


場所:セミナー会場
コーディネーター
株式会社アーヌエヌエ 代表取締役
杉山 豊 氏


パネリスト

株式会社ストライク 代表取締役社長
荒井 邦彦 氏

株式会社マネーフォワード代表取締役社長CEO
辻 庸介 氏

ビジネス・ブレイン税理士事務所 代表税理士
畑中 孝介 氏


  時間 内容 -
  14:10~14:20
第5回 会計事務所決算品質大賞 表彰式

全国の税理士事務所の税理士や職員が、会社の決算書をいかに「早く」「正確」に作成するかを競う決算品質大賞。
今年の成績優秀者3名の表彰式を行います。
※ご予約は不要です。

場所:セミナー会場

  時間 内容 -
  14:40~15:00
ミニセミナー 「なぜ、e-Taxは歯がゆいのか」
場所:ミニセミナー会場

※ミニセミナー後にAI読み取り実証実験を行います(10分)

講師:遠山税理士事務所 税理士
遠山 優里(ゆうり)氏


  時間 内容 講師
3 15:20~16:20
パネルディスカッション
変革の時代!経営者が求める経営支援パートナーとは?

AI、RPA、人材不足…変革の時代!
この先、経営者が求める経営支援パートナーとは?

今、経営環境は目まぐるしく変化しています。 日本の労働人口は減少し、働き手が足りなくなる。 深刻化していく後継者問題。
その反面、時代の発展と共に自動化が進んでいく。
では、経営者からすると、我々は何が求められ、ドコに価値を見出していけるのでしょうか!?
経営課題の視点から、各業界の専門家と共に考察していきます。

場所:セミナー会場

モデレーター
一般社団法人 IT顧問化協会代表理事
本間 卓哉 氏


パネラー
Colorz国際税理士法人 代表社員
大久保 圭太 氏

司法書士法人ソレイユ 代表社員
杉谷 範子 氏

株式会社なないろのはな 代表取締役
橋 亜希子 氏


10月19日(金)

  時間 内容 講師
4 10:30~11:30
基調対談
誤解していませんか?会計事務所の働き方改革
― マイクロソフトの取り組みから学ぶ ―

世の中は「働き方改革」一色。残業時間の削減などは働き方改革の成果の一部でしかありません。実は、働き方改革の本丸は会計事務所が如何に儲けるかなのです!
業務環境が大きく変化する中で、会計業界の働き方改革はこれから本格化していきます。単なる労働時間の削減だけでなく、本当の意味での"働き方改革"について、マイクロソフトが実践する働き方改革をヒントに、会計事務所の取り組むべき道筋を考える講演内容は、他では絶対に聞けません。

場所:セミナー会場

日本マイクロソフト株式会社
マイクロソフトテクノロジーセンター
エグゼクティブアドバイザー
小柳津(おやいづ) 篤 氏

杉山会計事務所 税理士
杉山 靖彦 氏


  時間 内容 -
  11:40~12:00
ミニセミナー 会計事務所の仮想通貨関連ビジネスの将来性を探る!
場所:ミニセミナー会場

※ミニセミナー後にAI読み取り実証実験を行います(10分)

  時間 内容 講師
5 13:00~13:50
対談
大廃業時代に立ち上がる!会計事務所が実践する、顧問先の後継ぎ探し

大廃業時代の中、最も廃業数の割合が多い小規模事業者(個人事業主も含む)の事業を残したり、発展させることは、日本経済の持続性を考える上で急務の課題と言えます。
そんな中で実は今、会計事務所が、顧問先が廃業する主な理由である後継ぎ不在問題の相談窓口となり、会計事務所が主導して後継ぎを探し出し、事業の存続と発展を実現している事例が増えています。
顧問先は、廃業・清算するよりも多い手取りを得られたり、従業員の雇用先確保などのメリットがあり、後継ぎとなった方も、ゼロからの開業・立ち上げよりも早期の収益化を目指せます。また、お店のファンや常連客などのお客様にとっても、思い出の商品・サービスが残るメリットがあります。会計事務所にとってはさらに、後継ぎ探しの実務支援によって得られる役務手数料が新たな収益の柱にもなりつつあります。
今回は、後継ぎマッチングサービス運営の大山社長と、全国でも有数に支援実績のある水兼勇人税理士事務所グループの喜創産業山本社長に、後継ぎ探しに力を入れるようになった背景やその取組み方、取組み事例などを対談形式でお聞きいたします。これを聞いて、会計事務所で後継ぎ探しを始めましょう!


場所:セミナー会場

アンドビス株式会社 代表取締役社長 兼 CEO
大山 敬義 氏

株式会社喜創産業 代表取締役社長
山本 将司 氏


  時間 内容 -
  13:55~14:15
ミニセミナー 電子化への移行 まだまだ大変!紙の証憑書類の収集法
場所:ミニセミナー会場

※ミニセミナー後にAI読み取り実証実験を行います(10分)

講師:税理士法人だいち 武蔵野事務所 税理士
堤 あかね 氏


  時間 内容 講師
6 14:30~15:30
パネルディスカッション
事務所求人難を打開!AI時代における優秀な人材確保の視点

働き方改革において重要なのは優秀な人材の発掘。会計事務所の業務効率化や生産性向上を実現するためにも、AI時代に必要な会計人材という視点で採用基準を見直す必要があります。
仕事内容の変化に伴い、スタッフに求められるスキルも当然変わっていきますが、これまでの採用条件となっている「勤勉さ」と「優秀さ」は別物と考えるべきです。
顧問先との良好な関係を築くには果たしてどちらの力が必要なのでしょうか。そうした優秀なスタッフを採用・定着させるカギについて、多くの税理士が悩む人材問題にズバリ応えていきます。


場所:セミナー会場

コーディネーター
株式会社マネーフォワード 執行役員
MFクラウド事業推進本部 本部長
竹田 正信 氏


パネラー
G.S. ブレインズ税理士法人 代表
近藤 浩三 氏

はぎぐち公認会計士・税理士事務所 代表
萩口 義治 氏

株式会社人材ドラフト 執行役員 営業部部長
小林 孝明 氏


 講師ご紹介

10月18日(木) 10:30~11:301. 特別対談
消費税の軽減税率、電子インボイス制度に対応するための税理士業務
~ICTを活用した先進の事務所事例を大公開~

メインスピーカー
さくら中央税理士法人 代表税理士安田 信彦

東京税理士会 日本橋支部所属

2018年公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)主催「第12回ベストプラクティス賞」において最優秀賞を受賞。
2010年東京税理士会主催情報フォーラム『税理士事務所IT化コンテスト』において最優秀賞を受賞。
毎月開催している事務所見学会では全国から参加する多くの税理士、経営者、ITシステム担当者に対してさまざまなソリューションを提案し続けている。

さくら中央税理士法人ホームページ http://www.ysd21.com


特別ゲスト
富士通株式会社 マネージングコンサルタント鹿島 一紀(かしま かずのり)

1988年入社以来、SEとして法務省、検察庁、財務省、経産省、金融庁などの多数の官公庁向けシステムの設計・開発経験を持ち、現在は、主にコンサルタントとしてAIやRPAの適用、そしてインボイス導入に向けた税理士事務所でのICT活用事例などの講演活動を全国で行っています。

10月18日(木) 13:10~14:102. パネルディスカッション
M&A新時代! 「会計人の新たな役割」

コーディネーター
株式会社アーヌエヌエ 代表取締役 杉山 豊

1966年10月神奈川県小田原市生まれ。
大学卒業後、旅行会社勤務を経て外資系生命保険会社に勤務。25余年の間、会計事務所や金融機関、生保専業等の代理店を通じて中小企業の創業、成長、承継の各ステージでのライフプランの支援に携わる。
株式会社アーヌエヌエの起業後、会計業界や保険業界での講演活動や研修講師も務め、法人会等の企業団体への研修企画運営等もライフワークとしている。
アーヌエヌエとはハワイの言葉で「虹」の意味。


パネラー
株式会社ストライク 代表取締役社長荒井 邦彦

1993年4月、在学中に太田昭和監査法人(現:新日本有限責任監査法人)入社。1994年3月一橋大学商学部卒業。
監査法人在職中に証券取引法・商法に基づく法定監査、株式公開のコンサルティング、M&A・金融機関の債権売却のデューディリジェンスなどを経験。
1997年ストライクを設立し、数多くのM&Aに関与。2017年6月東証一部へ市場変更した。


パネラー
株式会社マネーフォワード代表取締役社長CEO辻 庸介

1976年大阪府生まれ。2001年京都大学農学部卒業後、ソニー株式会社に入社。その後、2004年にマネックス証券に出向(その後転籍)。2009年ペンシルバニア大学ウォートン校に留学し、MBA資格を取得。
帰国後はマネックス証券COO補佐、マーケティング部 部長を経て、マネーフォワード参画のため退社、代表取締役社長CEOに就任。
新経済連盟の幹事、経済産業省FinTech検討会合の委員も務める。


パネラー
ビジネス・ブレイン税理士事務所 代表税理士畑中 孝介

北海道長万部町出身。1996年武藤会計事務所(現税理士法人無十)入所。2015年ビジネス・ブレイン税理士事務所設立、所長。株式会社ビジネス・ブレイン代表取締役。
TKC全国会中央研修所・租税法研修小委員会委員、企業グループ税務システム委員、中堅・大企業支援研究会新サービス開発プロジェクトリーダー。
中小中堅企業の事業承継やコンサルティングを中心に、大手・上場企業の連結納税コンサルティング業務や組織再編アドバイザー業務も行っている。
大手企業や上場子会社、中堅企業・ベンチャー企業やファンドまで幅広い企業の税務会計顧問業務に従事。
事業承継・連結納税・組織再編税務・戦略的税務等のセミナー講師を数多く勤める。著書に『税務に強い会社は成長する!』(共著、大蔵財務協会)、『企業グループの税務戦略』(TKC出版)、『消費税「95%ルール改正」の実務対応』『税務のプロが教える「消費増税」への実務対応』(いずれも共著、TKC出版)など。日経新聞・日刊工業新聞・税務弘報・税務通信等に執筆。

10月18日(木) 14:40~15:00ミニセミナー 「なぜ、e-Taxは歯がゆいのか」

遠山税理士事務所 税理士遠山 優里(ゆうり)氏

昭和63年東京国税局入局。法人税・源泉所得税調査、審理事務、システム開発・運用、情報セキュリティ監査などの業務に従事。
東京国税局総務部事務管理第一課主任分析専門官、都内税務署統括国税徴収官などを歴任した後、平成28年退官。
平成28年8月税理士登録。

10月18日(木) 15:20~16:203. パネルディスカッション
変革の時代!経営者が求める経営支援パートナーとは?

モデレーター
一般社団法人 IT顧問化協会代表理事本間 卓哉

2003年より大手IT関連企業にて 300社以上のネットショップ構築、Webコンサルティングを手がけ、株式会社EC studio(現:ChatWork株式会社)に転職。企画マーケティング部を発足し、売上に貢献。
2010年に独立しIT経営ワークスを設立。IT活用に向けたIT顧問サービスを主軸に100社以上。IT顧問化協会では、IT活用の専門家ネットワーク形成としてeCIORの認定講座も行っている。


パネラー
Colorz国際税理士法人 代表社員大久保 圭太

税理士。早稲田大学卒業後、会計事務所を経て中央青山PwCコンサルティング株式会社に入社。中堅中小企業から上場企業まで幅広い企業に対する財務アドバイザリー業務・企業再生業務・M&A業務に従事。
2011年に独立しColorz国際税理士法人・Colorz Consulting株式会社を立ち上げ、成長企業に対する財務コンサルティングを中心に、累計1000社以上の財務戦略を立案している。


パネラー
司法書士法人ソレイユ 代表社員杉谷 範子

東京銀行(現在の三菱UFJ銀行)を経て、司法書士登録。
信託、種類株式、遺言、任意後見等を駆使した事業承継コンサルティングで、多くのクライアントの信頼と実績を得ている。
一般社団法人実家信託協会理事長。信託法学会会員。家族信託の専門家としてNHK情報番組「あさイチ」にも出演。
著書「認知症の親の介護に困らない「家族信託」の本」「中小企業の経営承継・長寿企業に通じる12の事例」など多数。


パネラー
株式会社なないろのはな 代表取締役橋 亜希子

顧問先の経営者や総務責任者との関わりの中で、【もっと便利に・もっと楽しく】をコンセプトに、事務系士業がサポートしづらい【スキマ】をうめる中小企業の事務サポートと事務系士業の業務支援を事業化する。
【スキマ】の原因は、道具(ツール)の選定と取り扱い方法にミスマッチが起きていることに気づき、そこにはIT・クラウドの活用が生産性向上のK・F・Sと考え、北陸初のeCIOR認定を受け活動を開始。


10月19日(金) 10:30~11:304. 基調対談対談
誤解していませんか? 会計事務所の働き方改革
― マイクロソフトの取り組みから学ぶ ―

日本マイクロソフト株式会社 マイクロソフトテクノロジーセンター エグゼクティブアドバイザー小柳津(おやいづ)

1995年マイクロソフト入社。営業/マーケティング部門を経て2002 年より BPA(Business Productivity Advisor) チームを率い、ホワイトカラーの生産性向上やワークスタイル変革に関する100社超のユーザプロジェクトをサポート。2009年からはエグゼクティブアドバイザーとして働き方改革に関する多くの提言を行っている。
2014年、4省(総務/厚労/経産/国交)の主唱により始まった働き方改革推進の国民運動である「テレワーク月間」において実行副委員長を務める。
これまで、早稲田大学・東京大学大学院などで非常勤講師を務めた他、講演多数。


杉山会計事務所 税理士杉山 靖彦

早稲田大学卒
1994年マイクロソフト株式会社(現、日本マイクロソフト株式会社)入社。
営業、経理を経て、1995年よりマーケティング部門でMicrosoft OfficeとPowerPointのプロダクトマネージャーとして、Microsoft Office 4.2 for Mac、Microsoft Office 95、Microsoft Office 97のリリースを担当。1997年8月退社。
税理士登録を経て、1998年4月にコンサルタントとしてIT業界に注力した杉山会計事務所を開業。アーキテクトグランドデザイン株式会社代表取締役。


10月19日(金) 13:00~13:505. 対談
大廃業時代に立ち上がる! 会計事務所が実践する、顧問先の後継ぎ探し

アンドビス株式会社 代表取締役社長 兼 CEO 大山 敬義

神奈川県生まれ。立教大学社会学部卒。
日本M&A&Aセンター創業メンバーの1人。日本M&Aセンター入社以来27年にわたり、100件以上のM&AA案件の成約実績がある。2018年4月より現職で、日本M&AAセンター常務取締役を兼務。
日本の大廃業時代を迎え、特に廃業数が増加する年商数千万円の小規模事業の後継ぎ探しを普及させ、日本経済の活性化を図る。近年は著作活動にも積極的であり、News Picksプロピッカーも務める。


株式会社喜創産業 代表取締役社長山本 将司

信用金庫、第一地銀に合わせて17年間勤務。500社以上を担当し、行内唯一の5期連続の優秀行員賞を受賞。現在は、開業時の資金調達支援や後継ぎ探し支援 を行い、実績多数。アジア進出なども手掛ける。
紹介メディア:NHK「所さん!大変ですよ」など。


10月19日(金) 13:55~14:15ミニセミナー 電子化への移行 まだまだ大変!紙の証憑書類の収集法

税理士法人だいち 武蔵野事務所 税理士 堤 あかね

1991年税理士試験合格。1992年堤あかね税理士事務所開業。
2010年税理士法人だいち設立に参画し、武蔵野支社代表就任、サービス業部門を統括。飲食業、サービス業を中心に会計・税務・コンサルタント業務を行う。

10月19日(金) 14:30~15:306. パネルディスカッション
事務所求人難を打開!AI時代における優秀な人材確保の視点

コーディネーター
株式会社マネーフォワード 執行役員 MFクラウド事業推進本部 本部長竹田 正信

早稲田大学卒。(株)マクロミルにて、インターネットリサーチの黎明期から、セールス、事業企画、経営管理部門等多岐にわたる業務に従事し、2008年取締役。
総合マーケティング企業へと発展した同社の経営企画部門を主に管掌し、事業戦略、人事戦略、企業統合、新規事業開発を主導。
2016年より(株)クラビス取締役CFO。2017年11月、グループ会社化に伴い株式会社マネーフォワードに参加し、MFクラウド事業のセールス・マーケティング部門を統括。


パネラー
G.S. ブレインズ税理士法人 代表近藤 浩三

北海道北見市生まれ。大学卒業後、昭和63 年税理士登録。
その後、中小企業を支援する経営コンサルタントに。現在、成長支援コンサルティング株式会社とG.S.ブレインズ税理士法人の代表。グループ全体で、業種・業態・会社規模に応じた支援を行い、関与先企業約700 社の内83%以上が黒字経営を継続中。
黒字経営へ導くために、独自に構築したマーケット縮小時代における企業成長の本質と方法論「成長の三要素」(組織づくり、ビジネスモデル、マーケティング、そして数値をもって裏付ける)が支援の核。現場のリーダー研修も多く手掛け、親身になった情熱的な指導によって現場がよみがえり、見違える結果を出している。


パネラー
はぎぐち公認会計士・税理士事務所 代表萩口 義治

株式会社HG&カンパニー 代表取締役
2003年会計士試験合格後、大手監査法人、中小コンサル会社にて、上場から零細企業まで、外部監査から内部コンサルまでを一通り経験したのち、「創業支援に特化した資金調達に強い会計事務所」として、2012年日本橋にて独立開業。
「創業補助金の採択支援数 都内会計事務所で1位」、「MFクラウドを顧問先50社に導入した関東で最初の会計事務所」などの実績を上げる。
現在は、「おはようからおやすみまで」経営者をサポートできる会計事務所として、税務会計部門、コンサル部門の2つの部門を有して、「創業期」「成長期」「上場」「相続・事業承継」の各フェーズでのサービスを拡充すべく、活動している。
採用・組織作りにも熱心で、組織の最上位概念である企業理念に、「従業員の物心をゆたかにする」を掲げ、教育体制の整備や、ITを駆使した生産性の向上に基づく待遇改善、長く働ける会社として企業版401Kの導入など、具体的な施策を講じながら、企業理念の実現に邁進している会計事務所を作り上げている。


パネラー
株式会社人材ドラフト 執行役員 営業部部長小林 孝明

1974年生まれ、神奈川県出身。
スポーツ用品商社で営業を経験した後、2001年人材ドラフトに入社。
以来一貫して18年間営業として会計事務所を中心とした、人材採用のサポートに従事。個人事務所から大型事務所まで、3000を超える様々な採用事例の蓄積により、事務所経営に欠かせない「人材」を如何にして獲得するかを提案している。